Home DFMPro 製品情報

「DFM」とは、Design for Manufacturing「製造におけるいろいろな問題を設計段階で解決する技術」の略式名称です。

DFMProは、3次元モデルから設定ルールに沿ってチェックを行い、ルールに合わない所や製造における、設計標準化&製造性の検証するツールとして、SOLIDWORKS、Creoアドオンバージョンとスタンドアローンバージョンを提供しています。
設計者が加工性や製造コストを検証するためのツールで、加工に関わる設計ノウハウをルール化し、自動的に検証を行うことができます。
DFMの検証は、問題場所や値など具体的に指摘が行われるため、デザインの初期段階で製造に関わる種々の問題を予測できるため、設計の手戻りを削減できます。
また、DFMProの特徴でもある「検証ルール」の組み合わせは、パターン登録できますので、様々な用途に対応が可能です。

chart.png

 

データのチェックにお困りはありませんか?

 

●設計手法に従って設計されている?
●膨大な設計基準書でチェックする?
●加工困難(不可能)な設計を行っていない?
●このコーナーにはRがついていたらダメ?
●リブの補強は十分?
●部品同士を組み付けた時干渉していない?
●肉厚は大丈夫?

DFMシリーズの構成

DFMProには、以下の2つの種類があります。
お客様の用途、規模によって「DFMXpress」、「DFMPro」をお選び頂くことができます。

  無償提供
・SOLIDWORKSに標準装備されています。
・ルールのカスタマイズは不可。
 

・SOLIDWORKS、Creoにアドオンできます。(有償)
・100の標準ルールを装備し、チェックの値や組み合わせのカスタマイズが可能です。
・ルールのカスタマイズできます(有償)
・チェックレポート作成
・ドリル径・材料のデータベースを標準装備

 


加工性とコストを自動検証するAIツール「DFMPro」

■忙しい設計者のためのセルフチェックツール

忙しい設計者に代わりDFMProが設計されたルールに従って確実に問題点を見つけ出します。
予めルールが設定されていれば、どなたでもトレーニング無しで実行ボタンを押すだけでの操作になります。

■履歴のないモデルでも検証OK

DFMProのAI(人工知能)エンジンは、自ら加工する部位を抽出する機能を持っているため、外部から取り込んだ履歴のないソリッドモデルでも検証可能です。

■初心者の教育ツールとして

問題点が見つかった場合、ハイライトして示した上で、数値情報と共にわかり易く解説します。
またSOLIDWORKSで作成されたモデルならば、問題部位を構成しているフィーチャーが自動的に選択され、即座に修正に着手できます。設計初心者への教育ツールとしてもお役立て頂けます。

■自社のルールに則ったカスタマイズルール

検証ルールは専用ルールマネージャーにより簡単に設定できます。お客様独自のルールを開発元から有償でご提供できます。

ルールマネージャーとAPIカスタム(VB)例


DFMProの構造

DFMシリーズの構成に伴う全体構造イメージです。

DFMProプラダクト.png

検証事例

DFMProの検証を「加工コストの検証」と「ドリル加工の検証」を例にしてご説明致します。

■加工コストの検証例

切り欠きコーナーエッジの加工方法を検証します。シャープエッジでは放電加工が必須でコスト高なため、 NG判定ですが、コーナーRや捨て穴加工を施せば比較的コスト安な切削で加工ができ、OK判定となります。

■ドリル加工の検証例

左は加工が中空部に達した時に片肉加工となるため、振れが発生し 加工精度低下やドリル欠損が発生する。

■加工性の検証例

ポケット内のボスと壁面をチェックします。
壁とボス間の距離、及びその距離と深さの比率で設計の妥当性を検証します。

■アノテーションアイテムからの検証例

寸法公差をモデル作成時のアノテーションアイテムから抽出。 コストパフォーマンスの効率分岐点に設定することで、厳しすぎる交差をチェックします。


設計物の特性にあわせた各種モジュールで、チェックしたいポイントを確実に網羅します


シートメタル部品検証モジュール

シートメタル部品をチェックする豊富なルール群を掲載しております。
(以下、代表例)

また、一般板金加工に加え、プレス成形品も検証可能です。

・穴とエッジ/穴と穴の間隔チェック

・曲げと穴の間隔チェック

・スロットや余白部の最小幅チェック

・端面処理の形状チェック

切削/旋削加工部品検証モジュール

切削/旋削部品に対し、加工のしやすさを加工性によるコストの検証が行えます。

■穴形状チェック

部品穴/標準サイズ/面取りなど多彩なルールを搭載。

■ミル旋削の加工チェック

工具径と刃長の比率、工具進入性など切削加工全般のチェックが行えます。


樹脂成形部品検証モジュール

ボス・リブの形状チェックや薄肉・厚肉のチェックなど、樹脂成形部品検証に必要なルールが搭載されています。


動作環境

DFMProは、3DCADシステムのアドインバージョンとスタンドアローンバージョンを提供しています。
対応するCADシステムとバージョンは以下の通りです。

●SOLIDWORKSアドオン
SOLIDWORKS2017~2020 64bit版
または、CAMWorks Solid2017~2020 64bit版

●Creo Parametricアドオン
CREO 4/5/6

●スタンドアローン(DFX)

・ライセンス形態
ノードロックライセンス

DFMpro体験版の
お申し込み